相模原市内の葬儀社と他地域の決定的な違い

家族などの親しい人が亡くなれば残された家族や親戚が総出で通夜や告別式を執り行い、その供養をするのがつとめといえます。しかしこのような機会は何度もあるわけではないため、なかなか事前に準備をすることも難しいものですし、必要性はわかっていても、縁起を気にして生前からの準備には踏み出せないことも珍しくはありません。そこで実際には経験やノウハウが豊富なプロフェッショナルである葬儀社に依頼をして、そのサービスの一環としてこまごまとした手順をこなしてもらうことになります。これらの会社は全国どこにでもあるとはいっても、やはり地域性があることも事実で、たとえば相模原市内であればこの土地特有のサービスや条件がありますので、あらかじめ知っておくと便利です。

キャパシティ不足の火葬場への対応

相模原市も全国の他の市町村と同様に、市内に公設の斎場併設型の火葬場を保有しています。特に市民が亡くなるか、または喪主を務める人が市民であるような場合には優先枠が適用されますので、安い費用で公設の斎場を借り上げて通夜や告別式を執り行ったあとで、移動の手間をそれほどかけずにそのまま同じ施設内の火葬場で火葬をするといった段取りをすることも可能です。ところが人口にくらべて火葬需要が高いことから、特に冬場の昼間には予約の取り合いになることも多いのが近年の傾向です。そこで相模原市内の葬儀社でも、たとえば自社専用のセレモニーホールを用意して斎場の予約ができなかった場合に備えたり、冷蔵設備が付いた霊安室を設置して火葬の予約日時までの時間稼ぎをするといった、地域の実情を見据えたサービスを展開しています。

家族葬のような新しい形態での供養が可能

相模原市の葬儀社の特徴のいまひとつ挙げるとすれば、やはり家族葬のような新しい形態への対応も充実しているということがあります。他の地域では家族葬への対応がされていないケースも多く、特に首都圏以外ではその傾向が顕著といえます。市内であれば人口が多く価値観も多様化しているということもあいまって、従来からの一般葬だけではない、家族や親戚・友人程度のごく小規模での供養を前提とした家族葬のプランも標準的なサービスとして登場しています。もちろん単に人数が少ないというだけではなく、たとえば亡くなった人の面影を追うことができる映像を式場内に流したり、創作物や写真を展示するスペースを設けるなどしてよりアットホームな雰囲気を醸成するなどの工夫もみられるところです。